借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!29800円

借金はわるいことではない! 

税理士は教えてくれない会社経営自転車操業の極意!借金があってもいいんです。債務超過・ペイオフ・銀行・商工ローン

サイトマップ

このままでもいい

年商40億円のD社は、もう8年前から銀行借入をリスケしています。



取引銀行は都市銀行から信用金庫まで六つ。

当初の返済期限はとっくに過ぎ、今は、毎年のように更新を繰り返しています。

この銀行との更新の折衝がたいへんです。

それぞれの銀行が、それぞれの事情で、毎年のように要求が変わってくるからです。

すんなり更新する銀行もあれば、金利を上げたり、返済がすすんで担保の枠が空いた分を譲ることを要求してくる銀行もあります。

それでも、がんばってきましたが、税務署の繰越欠損がいよいよ期限切れになります。

毎年1億円以上のキャッシュフローが出るようにはなりましたが、繰越欠損の有効期限である五年かかっても消化しきれないほどの債務超過は残っています。

それでも、次の決算からは法人税がかかってきてしまいます。

それでは、どうすればいいのでしょう。

今までは、キャッシュフローの全てを返済にまわしてきました。

それでも、当初借入返済の三分の一ほどの返済です。

これに法人税がかかったら、いまの返済は続けられないかもしれません。

たとえば、不良債権の売却や処分をして、売却損や除却損を計上したらどうでしょう。

もう追加融資は出ません。

金利を上げられても応じてきました。

いまさら、決算の利益が少しぐらい悪くなっても関係ありません。

しかし、それで何年税金対策ができるのでしょうか。

いっぺんにやったら一年で損出しは終わります。

二年、三年に分けて処理しても法人税の負担は若干減りますが、資金繰りは厳しくなります。

それなら、今のままでいいのではないでしょうか。

このままでは、当分借りることはできません。債務超過もまだまだあります。

でも、どうせ借りられないのであれば、法人税を払いながら、その範囲の中で借金を返していけばいいのです。

借入返済の返済原資である償却前利益の範囲まで、再度リスケしてもいいでしょう。

■実録、壮絶な借金地獄からの完全脱出マニュアル 借金でお困りの方に必ずお役に立つレポートだと自信をもっております 購入者特典「ブラックでも発行できる VISAカード」他
社長は今夜も眠れない
殆どの会社が自転車操業
売上というペダル
自転車操業の定義
計画的に自転車操業
だいたい借金って?
借入金だけが借金じゃない
銀行だって金融屋
銀行と街金
決めるのは銀行?
制度ありきじゃない
貸したいから貸す
回収できるうちに回収
回収に入る瞬間
回収は取れるものから
回収の極意は貸す時にあり
交渉の始まり
借りられるかどうかの見極め
融資が出るかの見極めポイント
本当の赤字
保証協会
季節の中で
眠れない盆休み
まだまだ借りられる
資金繰り表の読めない銀行員は多い?
銀行と交渉を楽にする秘訣
借りられないなら返すのをやめる
お嫁さんでもリスケはできる
リスケをする目安
リスケ交渉のスタート
入金口座はこっそり移して延滞
目指せU字回復
借りなくてもできること
リスケ後のペダルのこぎ方
赤字を止めるときの注意点
小売できるものを探す
ジャンプ!
スキップ!
融通きかせて
御法度の融通手形
商工ローン借りたっていい
こんなときこそ商工ローン
このぐらいなら商工ローン借りても平気
商工ローン返済の裏技
借り換えのローテーション
手形と小切手は取り扱い注意
商工ローンの経理処理
借りるための粉飾決済?
借りるためのバランスシートの作り方
節税?脱税?
税務署の取立てはきつい
税理士との付き合い方
負の遺産
取引銀行の倒産
このままでもいい
どうして倒産しなかったのか
借金の原因と対処の法則
借金ある人は魅力的?
借金の成長曲線
夢のあとさき
借金30億からの逆転!事業再生7つの鉄則 夜が眠れない借金問題が1日で解決!
リンク集
【BIG tomorrowに掲載!】たったの半年で借金300万を完済し念願のマイホームまで手に入れた稼ぎの仕組みを公開!!元お笑い芸人大田の『超インパクトブランディングアフィリエイト術2』チャレンジコース
【期間限定特別価格】おっと今度は即金狙いですかぁ?とても翌月の入金なんて待てません・・大赤字で大黒字に!即金で借金無に!大逆転の発想転換!!
たったの半年で借金300万を完済し念願のマイホームまで手に入れた稼ぎの仕組みを公開!!元お笑い芸人大田の『超インパクトブランディングアフィリエイト術2』爆裂サポートコース

住宅ローンは自分で払うな!「お金を生む家」で資産形成する方法
積立 金利



借金はわるいことではない! All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。